紹介(8)『歴史・レトリック・立証』 著:カルロ・ギンズブルグ o

分離された特定の個人の思考(の結果)を、本人あるいは後の者が、何らかの比較対象と差異を造ろうとする/造って行くことで、分派・主義・イデオロギーは「自然」に発生する。実存主義は、自然を「自然」とする/して行く、本質を「本質」とする/して行く…

紹介(7)『歴史・レトリック・立証』 著:カルロ・ギンズブルグ o

そうしてことの序でに学について真面目に努力しているかのような外観を装うために、この種の諸関係を前提とすることから結論として導き出す遁辞についても、さらにはすべてに解答を与えてやろうとしてとやかく心を苦しめることも無用である。そんな苦労をせ…

紹介(6)『歴史・レトリック・立証』 著:カルロ・ギンズブルグ o

数人の研究者の研究は、基本的に、その研究者が有意義だと考えるものを対象にする。後の研究者は、その研究者本人ではないのだから、概して都合の良い部分を引用する。これはある学派とある学派の比較で、差異を示さなくてはならない場合に顕著である。 親ⅰ…

紹介(5)『歴史・レトリック・立証』 著:カルロ・ギンズブルグ o

この時代、民俗学・人類学はまだ隆盛であった。フランスにおける新たな歴史学は、アナール学派と表現され、フェルナン・ブローデル(1902~1985)などが所属するとされる。柳田國男は1904年、彼が29歳の時に結婚し、6年後の1910年に『遠野物語』を発表したが…

紹介(4)『歴史・レトリック・立証』 著:カルロ・ギンズブルグ o

(・・・・・・中略)アリストテレスが引き合いに出している暗黙の知識は、人がヘラスに所属するものであるということと結びついている。「だれもが」は「すべてのギリシア人」であるのであって、事実、ペルシア人はその知識からは除外されているのである。…

紹介(3)『鯰絵―民俗的想像力の世界』 著:コルネリウス・アウエハント e

世俗的な表象を示している大津絵に関して言えば、元来「諺、よく知られた格言、日々の戒め」を絵で説くことが意図されており、しかもかなり諷刺的色彩が濃かった。しかしながら、十八世紀になると、教訓的で道徳的な傾向をもった絵の方が好まれるようになり…

紹介(2)『鯰絵―民俗的想像力の世界』 著:コルネリウス・アウエハント e

鯰が人間の姿をとることで、鯰は人々(そして神々)の中に混じって普通の人になる。つまり、子供、女、男の姿をとり、あらゆる種類の職業に従事する人、等々さまざまな人間の格好をとって表される。・・・・・・・ (・・・・・・・中略) 2586の版画では、…

note12 二重否定(因果性)

spectacleスペクタクルstereographic projectionステレオ投影manifold多様体knowledge theory認識論cognition認知 Itself自体(ⅰ)tautology同義反復(ⅱ)empty set空集合(tautology同義反復)(ⅲ)metonymy換喩(全体で部分を表現する)(ⅳ)synecdoche提…

紹介(1)『鯰絵—民俗的想像力の世界』 著:コルネウス・アウエハント e

鯰絵は、一八五五年の江戸地震直後に現れたというだけではない。この地震こそが鯰絵の現れる直接の原因であったのだ。すなわち、版画およびそこに描かれた絵画表象は、きわめてユニークな方法で災害に対する反応を表したもので、地震と密接な関係を持ってい…

note7-2 代称

Alexandrian schoolアレクサンドリア学派immanet Trinity内在的三位一体Vicar of Jesus Chirist キリストの代理人providence摂理praxis実践via negativa否定の道Pscal's wagerパスカルの賭けarbitrary任意性liberal arbitrum自由意志gratia gratisdata無償で…

note6-2 列挙(従列・並列・逆列挙)

pneumatology聖霊論soteriology救済論 (ⅰ)symbol表徴Comparison and continyuity between the New Testament and Old Testament新約聖書と旧約聖書との比較と連続性(ⅱ)The Economic Trinity救済史的三位一体Distinction from polytheism and other monot…

note5-2 頓絶法(連続(進行))

tence時制universal普遍なrelative相対(inferior)absolute絶対(superior)original nature本性essence本質 before and after the instrument 計器の前後ーid est則ちThink of the point in time and causality.時点、因果関係を考えるとよい。 previously…

topic1-2 我が国の実情にそぐわない

**************** note5 personification擬人化 analogy of being(analogia entis)存在の類比 theosis神成 filioqueフィリオクエ injection単射(入射) surjection全単射(上射)/bijection全射(双射)/surjection全単射(上射) inva…

topic1-1 社会の変化に対応して

(付記 7月15日 チャズルウィット氏なら、「属格と対格の複数形は同形にしなくてはなりません」、でしょうか。惨めさが長引くだけだし、夜に疲れるために待つわけでもないので、わかりやすいだろう書き方を試みます。) 「義」が一次元方向と応酬であること…

注釈 note1

注釈(―不必要)(7月12日) 「adjective形容詞」と「modifier修飾語」という表現について、全ての言語は形容詞かつ名詞として発生し、「形容詞」または「名詞」として、限定されるという意味では「modifier修飾語」の方が適切だろうという意図があります。…

紹介(14) 『文明化の過程』 著:ノルベルト・エリアス a

社会学上の最初の偉大な先駆的業績が生み出された十九世紀の工業化社会においては、この世紀の間に、新興産業階級の社会的信条、理想、長期的目標と希望を表現する声が、旧来の宮廷王朝的・貴族的もしくは門閥的権力エリートの意志に即して、現存社会秩序の…

紹介(13) 『文明化の過程』 著:ノルベルト・エリアス a

separation分離 (specific具体な⇔(general一般 identified特定の(—continuous連続的な)⇔(certain特定な)individual個別の 、common共通の(—continuous連続的な)、special特殊)) (ⅰ)general一般 (astronomy and astronomer 天文学と天文学者)id…

紹介(12) 『文明化の過程』 著:ノルベルト・エリアス a

エラスムス自身は彼の小著『少年礼儀作法論』に、彼の著書の全体の中でそれほど大きい意義を与えていなかったかもしれない。かれは、序文の中で、若い人々の訓育にさまざまな部門があって、「礼儀作法」はそのうちのひとつの部門であり、自分はそれが「哲学…

note11 否定

(entity's)Methods(存在の)方法**memoseparation分離(specific具体な⇔(general一般 identified特定の(—continuous連続的な)⇔(certain特定な)individual個別の 、common共通の(—continuous連続的な)、special特殊)) (ⅰ)general一般 (astrono…

note10 擬人法(同義反復)

abstract引き出すabstraction抽象化 abstract引き出す―abstraction抽象real existence実在 subject主体 → real existence実在 subject主体 → object客体real existence実在 subject主体 → object客体(real existence実在 subject主体)real existence実在 s…

note9 撞着語法

science(科)学argue主張する―argument論mathematics数学theology神学scientia est potentia(knowledge is power)知は力なり Objectization客体化—Nominalization名詞化Nominalization is an act that possesses a entity.名詞化は或る存在を有する行為で…

note8 転用

formlities手続きform形式revealation啓示pneumatology聖霊論 「属する」という表現では、点と点を線で結んで想像するとよい。In the expression 'possess', imagine putting a point in a circle.「有する」という表現では、円の中に点を置いて想像するとよ…

note7-1 象徴

Antiocheneschoolアンティオキア学派economic Trinity救済史的三位一体axiom of choice選択公理 Participatiton参与Treat community from orthdoxy.共同体を正統性から扱う。A community possesses presences with identity.或る共同体は、独自性を有する現…

note6-1 列挙(従列・並列・逆列挙)

memory記憶inforamation情報golden ratio黄金比Napier's constantネイピア数x^2-x-1=0 abstract抽象extension拡張dedution演繹/induction帰納converge収束/ diverge発散 reduction還元 Expressions「develop発展する」という表現は、一次元方向という意味…

note5-1 頓絶法(連続(進行))

personification擬人化 analogy of being(analogia entis)存在の類比theosis神成filioqueフィリオクエconstant定variant変quority質quontity量 Substantia実体The Father父/The Holy Spirit聖霊/The Son子spirit精神 reality実在性 1/1 —定数的定数、質…

note4 譬え

orthodox正統的cartholic公同的ecclesiology教会論filioqueフィリオクエelement元prerequisite要素=-1/12 power力(time時間—space空間(nature自然(material物質))) reason理性/understnding理解/sense感覚intellectual知性entity存在 (memory記憶…

note3 緩叙法

離散 稠密 完備 大きさ 自然数(N,+,×,(N,+,×)) 有理数(Q,+,×,(Q,+,×)) 実数(R,+,×,(R,+,×)) 大きさと1次元方向 整数(Z,+,×,(Z,+,×)) 有理数(Q,+,×,(Q,+,×)) 実数(R,+,×,(R,+,×)) 大きさと2次元方向 複素数(C,+,×,(C,…

note2 冗語 畳語

True真False偽Real existence possess reality.実在は実在性を有する。Real existence really exist.実在は実在する。Real existence is in actual existence.実在は実在である。Mathematical objects possess reality.数学的客体は実在性を有する。Mathemat…

note1 同義反復(換喩/同義反復)

(22)それと同じように、わたしは古い言葉を使ったと言われるほうがうれしい。同じ言葉が異なった配置によって別の思想を形づくるのと同様に、同じ思想でも配置が異なれば、別の論旨を形づくるのではなかっただろうか。(23)言葉はちがった配列をすると、…