note5-2 頓絶法 連続(進行)

tence時制
relative相対

absolute絶対
original nature本性

essence本質

 

計器の前後ーid est則ち
時点、因果関係を考えるとよい。

 

previously先にーscilicet乃ち
(修飾語のない)条件を考えるとよい。

 

antecedentaly前にーvidelicet即ち
(実在性を有するため前に其の特定の形式である)或る一定の形式が、或る存在の推論により生成される(生じたように見える)関係が考えるとよい。

 

universal普遍な
時間と空間は終わりに向けて広がり、
(ⅰ)いつでも、無時間的に
(ⅱ)どこであっても、真空があっても
(ⅲ)時間と空間が続く限り、である。

 

essence本質original nature本性
Let essence be something that arises as it possesses somethig.
本質は、それが何かを有するためそれとして生じる何か、とする。
For exsample, a being possess incidence as essence.
例えば、或る存在は本質として付帯性を有する。 
Let original nature be something that it possess to make as it arises.
本性は、自然からそれがそれとして生じるために有する何か、とする。
For exsample, a being possess candor as original nature.
例えば、存在は本性として自然性を有する。

 

**memo
Think about by faith alone and individualism信仰義認、個人主義を考えるとよい。
Faith continues.信仰は継続する。
Action will proceed行為は進展する。
Works is a part of common actions. 行いは共通の行為の部分である。

 

 

Epistle of Jamesヤコブの手紙
(2:14)わたしたちの兄弟たちよ。ある人が自分には信仰があると称していても、もし行いがなかったら、何の役に立つか。その信仰は彼を救うことができるか。
(2:15)ある兄弟または姉妹が裸でいて、その日の食物にも欠いている場合、
(2:16)あなた方のうち、だれかが、「安らかに行きなさい。暖まって、食べ飽きなさい」というだけで、その体に必要なものを何ひとつ与えなかったとしたら、何の役に立つか。
(2:17)信仰も、それと同様に、行いを伴わなければ、それだけでは死んだものである。
(2:18)しかし、「ある人たちには信仰があり、また他の人には行いがある」という者があろう。それなら、行いのないあなたの信仰なるものを見せてほしい。そうしたら、わたしの行いによって信仰を見せてあげよう。
(2:19)あなたがたは神はただひとりであると信じているのか。それは結構である。悪霊どもでさえ、信じておののいている。
(2:20)ああ、愚かな人よ。行いを伴わない信仰のむなしいことを知りたいのか。
(2:21)わたしたちの父祖アブラハムは、その子のイサクを祭壇にささげた時、行いによって義とされたのではなかったか。
(2:22)あなたが知っている通り、彼においては信仰が行いと共に働き、その行いによって信仰が全うされ、
(2:23)こうして、「アブラハムは神を信じた。それによって、彼は義と認められた」という聖書の言葉が成就し、そして、彼は「神の友」と唱えられたのである。
(2:24)これでわかるとおり、人が義とされるのは行いによるのであって、信仰だけによるのではない。

 

  

 

(160)くしゃみは、房事と同様、霊魂の全機能を吸収する。しかし、人はそこから人間の偉大さを否定する同様の結果を引き出しはしない。なぜなら、くしゃみは、意に反して出るものだからである。
(897)僕は主人のすることを知らない。主人が彼に用事だけを言いつけて、目的を示さないからだ。そして、これこそ僕が盲目的に従い、しばしば目的にそむくゆえんである。しかし、イエス・キリストわれわれに目的を示された。 
だのに、あなたがたはその目的を破壊している。
(898)彼らは永遠性を得ることができなくて、普遍性を求める。そのため自分らを聖徒にしようとして全教会を堕落させる。

『中公パックス世界の名著 29』 「パンセ」 ブレーズ・パスカル 前田陽一・由木康訳 中央公論社 1978年

 

 

 

f:id:cunsong9403:20180704173920j:plain