それぞれの人

 第一次世界大戦第二次世界大戦期を過ごした、スイス人神学者カール・バルトは、組織神学を軽視し、キリストを中心に構成した。彼は、著作の中で正当にも、論理を欠いているように感じられても、虚無的な何かの拒否はキリスト教的であるとしている。一人の思考は突き詰めていけば、選択の選択の拒否で留まる。ヘルマン・ヘッセが『シッダールタ』を記したように、賢い「個人」が、東洋的なものに魅かれるのは理解できる。

 (43)ある著者たちは、自分の著作について話す時、「私の本、私の注解、私の物語、等々」と言う。そう言う彼らは、一戸を構え、いつも「拙宅では」を口にする町人臭がぷんぷんしている。彼らはむしろ、「われわれの本、われわれの注解、われわれの物語」というほうがよかろう。というのは、普通の場合、そこには彼ら自身のものよりも他人のもののほうが、よけいにはいっているからである。『世界の名著パスカル パンセ』 前田陽一・由木康訳 中央公論社

 

 創世記 
(4:1)人はその妻、エバを知った。彼女は身ごもり、カインを産んで言った、「わたしは主によってひとりの人を得た」。
(4:2)彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕すものとなった。
(4:3)日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。
(4:4)アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。
(4:5)しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。
(4:6)そこで主はカインに言われた、「なぜあなたは憤るのですか、なぜ顔を伏せるのですか。
(4:7)正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しいことをしていないのでしたら、罪が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません」。
・・・・・・b
(4:13)カインは主に言った、「わたしの罰は重くて負いきれません。
(4:14)あなたはきょう、わたしを地のおもてから追放されました。わたしはあなたを離れて、地上の放浪者とならねばなりません。わたしを見つける人はだれでもわたしを殺すでしょう」。
(4:15)主はカインに言われた。「いや、そうではない。だれでもカインを殺すものは七倍の復讐を受けるでしょう」。そして主はカインを見付けるものが、誰も彼を打ち殺すことのないように、彼に一つのしるしをつけられた。カインは主の前を去って、エデンの東、ノドの地に住んだ。

 

伝道の書
(1:1)ダビデの子、エルサレムの王である伝道者の言葉。
(1:2)伝道者は言う、空の空、空の空、いっさいは空である。
(1:3)日の下で人が労するすべての労苦は、その身になんの益があるか。
(1:4)世は去り、世はきたる。しかし地は永遠に変わらない。
(1:5)日は出で、日は没し、その出たところに急ぎ行く。
(1:6)風は南に吹き、また転じて、北に向かい、めぐりにめぐって、またそのめぐるところに帰る。
(1:7)川はみな、海に流れ入る、しかし海は満ちることがない。川はその出てきた所にまた帰って行く。
(1:8)すべての事は人をうみ疲れさせる、人はこれを言いつくすことができない。目は見ることに飽きることがなく、耳は聞くことに満足することがない。
(1:9)先にあったことは、また後にもある、先になされたことは、また後にもなされる。日の下には新しいものはない。

 
 カインは不平を述べた。科学者はカインのように敬虔ではない。アメリカやスイスで裁判官を務めることは、日本で裁判官を務めることと異なる。日本国憲法第十九条は、「思想および良心の自由はこれを侵してはならない」としている。国家の施行する法とから一般に「freedom of thouhght and conscience思想および良心の自由」は言論、出版との関わりで、法の下で、運用される。また、良心の自由は宗教と関わりで運用される。mashとmushは異なる。pumpkinはsquashである。同語源の conscience良心 と conscious意識 に区別が生れた。「liberal arbitrum意志・意思の自由」は「free will自由意思・意志」に転換された。情感とは知っている言葉以上を示す、言葉以上の者で在ろうという願望である。道具が少ないなら、必要は少ない。喚くのは弁明ではない。概して、思考能力の衰えより身体能力の衰えの方が見え易い。選好を批判せず、知識が普遍に価値を有する、と主張するならば、問題がある。フリードリヒ・ニーチェカール・マルクスは誠実だった。

レビ記

(38:22) あなたは女と寝るように男と寝てはならない。これは憎むべきことである。


 問答形式は問いにより答えを誘導する。ピタゴラスの述べるように 2+3 は結婚か。ピタゴラスは「有限と無限」「奇数と偶数」「男と女」といった対立を好んだ。敬虔なユダヤ教徒は、安息日に傘を差さない。男性の同性愛に厳しいが、女性の同性愛にはそれなりに寛容だと言われる。

f:id:cunsong9403:20180802160529j:plain