火は燃える(2)

real existence(―real existences)実在は実在性を保有する。
real existence実在は実在する。
real existences実在は実在である。
mathematical object(―mathematical objects)数学的客体は実在性を保有する。
mathematical object数学的客体は実在する。
mathematical objects数学的客体は実在である。
或る一定の数学的客体に付属している記号をforms形式とする。
数学的客体に付随する記号をform形式とする。


 2以上の記号からなる集合をlanguage言語とする。或る存在は、或る一定の形式に値として真偽を与える。或る主体が或る形式に、値として真偽を付与しないならば、或る一定の形式は値がない。或る言語-体系内では、個別の記号が相対な関係にあるため制限される。

 

****

Idea観念
観念は、特定の形式に付属している或る言語である。
(ⅰ)値として真偽が定められる何か
(ⅱ)値として真偽が不定な何か
 

Proposition命題
命題は、一定の形式に付属しているー特定の形式に付随する或る言語である。
(ⅰ)値として真偽を定めた何か
(ⅱ)値として真偽が定める何か
 

****

objectization客体化nominalization名詞化
名詞化は主体を要する行為である。


(ⅰ)objectization客体化

或る主体による或る一定の主体の行為の客体化
(ⅱ)recursive入れ子/繰り返し
或る一定の主体による特定の主体(A)の行為の客体化
(ⅲ)(naming命名ー)nominalization名詞化
特定の主体(A)による或る一定の主体の行為の客体化
(ⅳ)reflection鏡映/再帰
特定の主体(A)による特定の主体(A)の行為の客体化

 

****

subjunctive mood仮定法

特定の主体(A)が、仮定法を用いる場合には、
(ⅰ)recursive入れ子/繰り返し
特定の主体(A)が、自らを或る一定の主体と扱う場合
(ⅱ)reflectiion鏡映/再帰
特定の主体(A)が、自らを特定の主体(A)と扱う場合
(ⅲ)type(形象)/型(―identity単位)
特定の主体(A)が、自らを「(特定の)主体」と扱う場合、がある。

f:id:cunsong9403:20180718181511j:plain

pleonasm冗語reduplication畳語