なにを、ぼくのくせになまいきな!(3)

 

離散

稠密

完備

大きさ

自然数N,,×,N,))

有理数Q,,×,Q,))

実数(R,,×,R,))

大きさと1次元方向

整数(Z,,×,Z,))

有理数Q,,×,Q,))

実数(R,,×,R,))

大きさと2次元方向

 

 

複素数C,,×,C,))

大きさと3次元方向

 

 

 

大きさと4次元方向

 

 

四元数H,,×,H,))

 
自然数有理数(分数)は、順序稠密化である。有理数→実数は、完備化である。実数→複素数 は、倍作用の対象にしている実ベクトルの次元を 1から2に上げるものである。複素数四元数 は,倍作用の対象にしている実ベクトルの次元 を2から3( 結果的に4) に上げるものである。また一面では,複素数の「複素」形式の拡張である。四元数八元数 → 十六進数 は,純粋に「複素」形式の拡張である。方向をもつ量の概念を立て、方向を 1次元 →2次元 → 3次元 と上げようとすると,正負の数 → 複素数四元数 が応じる。量の概念を離散→順序稠密→完備と拡張しようとすると、 自然数→分数→実数が応じる。実ベクトルを量にして、実ベクトルの次元を1次元→2次元→3次元 と上げようとすると、実数→複素数四元数が応じる。複素数の「複素」形式を拡張しようとすると、複素数八元数十六元数が応じる。

 

宮下英明著作集

**** 

 

****

Act行為する(―Action行為)

「行為する」「行為」という表現には、換喩(部分で全体を表現する)がある。「行為」はcomprehensive包括的な概念とし、修飾語を制限的に用いる。行為者は言葉をdiverge転用する(ーconvert転換する)。「actor行為者」という表現では、entity存在とreal existence実在に付随しているpresence現存 を、区別しないことを意味する。

 

Idolatry偶像崇拝

計器は時間と空間を量にする―計器は任意性を保有する/与えられている/認められているという態度。
「時間」「空間」は記号である。―記号は任意性を保有する/与えられている/認められているという態度。
計測者はpremise前提、conditions条件なしに任意性を保有する/与えられている/認められている。―計測者は計器であるという態度。これらはduplicated重複して利用される。autonomy自主性(ーself-reliance自立性)は、arbitrariness任意性と全く異なる。

 

コロサイ人への手紙
(3:1)このように、あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右に座しておられるのである。
(3:2)あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに、心を引かれてはならない。
(3:3)あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神の内に隠されているのである。
(3:4)わたしたちのいのちなるキリストが現れる時には、あなたがたも、キリストと共に栄光の内に現れるであろう。
(3:5)だから、地上の肢体、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪欲、また貪欲を殺してしまいなさい。貪欲は偶像礼拝にほかならない。
(3:6)これらのことのために神の怒りがくだるのである。
(3:7)あなたがたも、以前これらのうちに日を過ごしていた時には、これらのことをして歩いていた。
(3:8)しかし、今はこれら一切のことを捨て、怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉を、捨ててしまいなさい。
(3:9)互いにうそを言ってはならない。あなたがたは、古き人をその行いと一緒に脱ぎ捨て、
(3:10)造り主のかたちに従って新しくされ、真の知識に至る新しき人を着たのである。

 

(348)……空間によって、宇宙は私をつつみ、一つの点のようにのみこむ。考えることによって、私が宇宙をつつむ。(72)すべてこの目に見えるこの目に見える世界は、自然のゆったりしたふところの中では目にとまらぬほどの一つの線にすぎない。……これは中心がどこにもあり、円周がどこにもない無限の球体である。『中公パックス世界の名著 29』 「パンセ」 ブレーズ・パスカル 前田陽一、由木康訳 中央公論社 1978年

 

 そのために、生産物はさらには作品さえもが、生産的労働から引き離されがちになる。そしてついには生産的労働が忘れ去られる。この忘却―哲学者であればこれを神秘化と呼ぶであろう―が商品の物神崇拝を可能にする。物神崇拝とは、商品が一定の社会諸関係をふくむと同時に、その社会諸関係の否認をももたらすということである。『空間の生産』 アンリ・ルフェーブル 斎藤日出治訳 青木書店 2005年 __頁

 

アウグスティヌスの教えの影響のもとに、これまで時間は高い評価というよりはむしろ低い評価を受けていた。〈時間〉(tempus)は、はかなさの代名詞だったのである。……永遠(アエテルニタス)と永世(アエウム)の相違を説明するのは、それほど困難ではなかった。言うまでもなく、〈永遠〉とは過去も未来も知らない神の無時間的で不動の永遠の今である。しかし、〈永世〉は運動を有し、それゆえ過去と未来を有する類の無限の持続であり、権威あるあらゆる典拠に従えば、これも終末なき恒久性と考えられていた。『王の二つの身体 中世政治神学研究』 エルンスト・H・カントーロヴィチ 小林公訳 平凡社 1992年 281頁

f:id:cunsong9403:20180707102639j:plain

litotes緩叙法idiom成句__熟語