ルカによる福音書 (23:43)イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。

マタイによる福音書
(18:6)しかし、わたしを信ずるこれらの小さい者のひとりをつまずかせる者は、大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方が、その人の益になる。

 

つまずいた子供は、「つまずいていない」と言い張る。だから、諸々の面倒が生じる。アリストテレスは『On the soul霊魂論』を著した。魂はsoul/anima/Geist/Psycheである。霊/精神はspirit pneuma (独)Geist (独)Psycheである、おそらく。聖霊には、pneuma/holy spiritがあてられる。ギリシア語において、pneumaは「息吹」を意味していた。また、医学用語として利用された。ラテン語への翻訳においては、pneumaはspiritusと訳された。

 

「お待ちしておりました、わが主よ」「わたしの事がわからないのか、息子よ……」。「僕のことがわからないのですか、母さん……」。sand砂は数で捉えるのが難しい。わたしはsoul魂は見えないと思う。soul魂が引き起こす(working作用ー)action行為は見える。rice米を数で捉えるのが難しい、と英語母語者が言うなら諦める。oats燕麦と違い粒を数え上げるのは難しい。わたしは「特定の個人が(複数の)魂(的な何か)を持つ」という理解を拒まない。およそ、魂は土地の慣習を含んで現れていた。現代的には「知的活動(の(cause来由ー)factor原因)」で構わない。

 

Psycheの原義が息であり、当時の社会の状況を示すと言える。教会は魂に関する知識を獲得する難しさを述べてきた。アリストテレスは、完全なる男性は女性には欠けている上位の魂を保有すると考えた。魂的な何かの位階である。また、魂(的な何か)は互いに補完し合っている。古代ギリシアの奴隷には、上位の魂が備わっていてはならない。

 

「動物の持つ魂」は争いのある表現である。わたしはハエに下位の、または、比較的小さな魂が宿るという考えを拒まない。多くの動物は魂をpossess保有しなくてよいと思う。「特定の人が持っている(/保有する)魂」はappropriate適切な表現である。魂を持たないなら人間ではない。わたしは「保有」と聞くと隣人の魂を思い浮かべる。「(同質(=魂)であるがために共通の)人々の持つ複数の魂」は冗長である。ゲルマニアに違いない。「人々の保有する魂」は、redundunt余分か、擬人法を用いている、となる。「特定の共同体の保有する魂」は擬人法である。「特定の人(の内に)に働いている霊、精神」は適切である。「彼を働かせている霊、精神」「彼と伴に働いている霊」は可能かもしれない。「特定の人の保有する霊、精神」はよくない。「霊に導かれた特定の人の行為」は適切である。「特定の共同体に働く(働いている)霊、精神」は、場合による。わたしは「特定の共同体に満ちている霊、精神」の方が適切だと思う。怪しげなconspirators徒党を疑うから、文を分けた方がよい。「特定の共同体の保有する霊」 という表現は必要ない。分派を疑う。

 

教会に来る人間は皆弱い。人は神の似姿である。人は弱い生き物である。黙り耐えることを勧めなくてはならない。どれだけ騒々しいかで人の苦しみを判断する社会は悲惨である。具体的な人間の(conditions境遇)ーstate状態を、病名、障害で処理することは正しくない。耐えられる限りの職を自らに任ずるのは正しい。耐えられない職を引き受けるのは傲慢である。人は他人の苦しみを量で計れない。特定の人間に対して、類から比を適用することはゆるされない。

 

人が苦しみに耐えても、耐えた者の苦しみが少ないとは言えない。拷問、殉教、抜歯、出産、いずれでも他者の苦しみを減じたいと考えねばならない。他人の苦しみを増やしたいと考えるのは悪い。ギャンブル、淫蕩、飲酒に捕らわれる弱い人を教会は迎えた。教会と修道院は拡散した。定めない人間は弱さを自覚しなくてはならない。人間は老いれば弱さを自覚する。富者は財産を失い随分と弱る。努力した後に、反って欲望の発散を勧めるから今は悪い。

 

 

 創世記

(6:5)主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪いことばかりであるのを見られた。
(6:6)主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、
(6:7)「わたしが創造したした人を地の表からぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。わたしはこれらを造ったことを悔いる。と言われた。
(6:8)しかし、ノアは主の前に恵みを得た。
(6:9)ノアの系図は次のとおりである。ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。ノアはセム、ハム、ヤペテの三人の子を生んだ。
……
(6:19)また、すべての生き物、すべての肉なるものの中から、それぞれ二つずつを箱舟に入れて、あなたと共にその命を保たせなさい。それらは雄と雌とでなければならない。すなわち、鳥はその種類にしたがい、獣はその種類にしたがい、また地のすべての這うものも、その種類にしたがって、それぞれ二つずつ、あなたのところに入れて、命を保たせなさい。
……
(8:20)ノアは主に祭壇を築いて、すべての清い獣と、すべての清い鳥とのうちから取って、燔祭を祭壇の上にささげた、
(8:21)主はその香ばしいかおりをかいで、心に言われた、「わたしはもはや二度と人のゆえに地をのろわない。人が心に思い図ることは、幼い時から悪いからである。わたしは、このたびしたように、もう二度と、すべて生きたものを滅ぼさない。
(8:22)地のある限り、種まきの時も、暑さも寒さも、夏冬も、昼も夜もやむことはないであろう」。
……
(9:18)箱舟から出たノアの子らはセム、ハム、ヤペテであった。ハムはカナンの父である。
(9:25)彼は言った。 カナンはのろわれよ。かれはしもべのしもべとなって、その兄弟たちに仕える。
(9:26)また言った。セムの神、主はほむべきかな。カナンはそのしもべとなれ。
(9:27)神はヤペテをおおいならしめ、 セムの天幕に彼を住まわせられるように。カナンはそのしもべとなれ。


ヨハネによる福音書
(21:20)ペテロは振りかえると、イエスの愛しておられた弟子がついてくるのを見た。この弟子は、あの夕食のときイエスの胸近くに寄りかかって、「主よ、あなたを裏切る者はだれなのですか」と尋ねた人である。


ルカによる福音書
(23:43)イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。

 

概して、文献資料は同じ時代を生きている人々に向けて書かれている。ヘロドトス、トゥキュディデスなど、歴史家または考古学者は、後世への記録としての文献資料、という考え方を持ち得た。未来に向けて書こうとする者は少なく、未来の全ての時代で読者に同じ効果を与えるように意図した資料は少ない。マルティン・ルターを含むプロテスタント神学者は、ヨハネによる福音書パウロ書簡を高く評価したという。「高く評価する」とは、不遜な表現であり、本人たちはより謙虚な表現を用いたはずである。

 

マタイは取税人(1/1)、マルコは書記(1/0)、ルカは医者(0/0)、ヨハネは漁師(0/1)である。マタイによる福音書では、旧約聖書との連続(性)から予め示されていたことと、イエス。キリストにより為されたことの一致が記述される。perspective先見的な客観性となる。マルコによる福音書は二次的な記述となる。commutativity可換性、antithese反を取り、返してreproductivity再現性としての客観性となる。ルカによる福音書は兄弟となる異邦人としての視点から記述される。consciousness意識(contingency偶有性)から記述するため、ルカによる福音書に「二人の罪人」が置かれねばならない。第三者としての客観性、不(特)定(な客体)の対象化なる。ヨハネによる福音書は、主体として記述される。特定の個人の置かれた状況での行為への寛容から、従順さによる過ち、更に知識と決定(ーconclusion判断)に限界のある人間が描かれる。もっとも、ヨハネによる福音書8章2節から11節、「姦通の女」の解釈は複雑である。姦通した女のみに自己投影するのは不正である。福音記者の象徴は、マタイは人、マルコは獅子、ルカは雄牛、ヨハネは鷲とされている。象徴は、マタイが人、マルコが雄牛、ルカが鷲、ヨハネが獅子である。

f:id:cunsong9403:20180730180757j:plain