マタイによる福音書(16:24)それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」

マタイによる福音書
(9:32)彼らが出て行くと、人々は悪霊にとりつかれたおしをイエスのところに連れてきた。

 

(普遍的な)image像/似姿について。古今東西の教えに呼吸法があり、pneuma聖霊/風/息/賜物の意味の一部は、息として表せる。未開人も落ち着き得るには、呼吸を意識するのがよいと知る。過呼吸になったら口を押さえる。創世記の神は土に息を吹き込むことでアダムを造った。語源とキリスト教に関するculture文化は省く。ドイツ語のBildungは、日本語では「陶冶」と翻訳される。「鳩」は聖霊の象徴とされている。文化に遊牧生活が含まれている、歴史からして境界的なアラビア人の象徴体系における「鳥」は多義的である。

 

picture絵画は静かに見るべきだろう。やたらと興奮して嬌声、雄たけびを上げるのは行儀がよくない。image像/似姿は「絵画」に見出せる/観える。Iconイコン・聖画像はidolatry偶像崇拝ではなく、「Miniature細密画」も偶像崇拝ではない。聖書や十字架は偶像崇拝ではなく、人形を買い求め、鏡を見て、故人の墓碑の前で手を合わせたとしても、偶像崇拝と非難されることはない。人々が物を求める。物を求めるのが人々の習性である。これは聖遺物その他の収集として現出した。

 

作品には献辞が記される。著作者の著作が何によっているか示す。暗に「言うまでもない」という判断を為すのは常である。形式的に見えても、献辞は純粋に情緒的な何かと考えるのが妥当である。正教において基本的にイコンは平面に描かれる。細密画は画家の技術が未熟なのではない。ステレオ投影は古代エジプトでも知られていた。中世において世界地図の多くが円形に描かれた。イスラムにおいて、カアバ神殿は世界の中心である。カトリックにおいては立像の使用が認められる。

 

西方教会の神学を特徴づけるのは組織神学である。ローマ・カトリック、正教、プロテスタントの一部において、聖人の崇敬が信仰に対して一定の役割を果たすと認められている。信仰の本質ではない。聖人(の行跡)は信仰の方法的な現れ、と言いうるはずである。信仰の方法論的な現れ、ではない。ローマ・カトリック、正教、プロテスタント教会が集団を形成していることは疑いえない。宗教は人々との関わりで「現世の利益」の側面と関わらざるをえない。聖人は信仰の本質に現世の利益が侵入しないための回避手段と考えうる。職業召命観は現世の利益を正当化した。聖人がキリスト教徒の一部であることは疑いえない。言うまでもなく、秘跡は神秘的な要素を含んでいる。(終末を含め、)神秘に関わるところでは特に慎重にならざるをえない。やたらと解釈し、話し過ぎてはならない。

 

 

マタイによる福音書
(6:29)しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめたときのソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
(16:24)それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」

 

ソクラテスキュニコス派のアンティステネスに自惚れを見た。女性は着飾る。関係代名詞には制限用法と非制限用法がある。聖職者、王は世俗の人々のため、本人が望まなくとも華美な衣装を身に着ける。人々は外的な分かりやすい物が好きである。人々は教会や寺院、モスクや神社、官公庁や刑務所に相応しい建築物を見たがる。ところで、質素な暮らしは望ましいが、外套を一枚増やすと暖かい。イチジクの葉一枚では暮らせない。表面的な物に囚われるべきではない。質素を貫くならば、海辺のあばら屋、カタコンベに教会を置かねばならない。論理の浮世離れは当然である。浮世とは適度に間をとらねばならない。

 

歴史の中で、キリスト教の列聖は政治的な動機、人々の信仰のために利用された。オルレアンのジャンヌ・ダルクが聖人とされる。ジャンヌ・ダルクの活動した時代、国家主義と列聖された状況と考えると、ある主体の政治的動機が推察できる。教会が政治的な事柄の階層に下っていった場合は少なからず有りうる。

 

イエス・キリストムハンマドについては述べない。イスラム教のスーフィーは、ムハンマドを最初のスーフィ―と位置付ける。『コーラン』は、イエス(・キリスト)やムハンマドがただの人間である、と明記する。罪人には仲保者となるイエス・キリストが必要である。『コーラン』のイエス(イーサー)に関する記述は受け入れられない。

 

世俗の人々は、超越的な個人の名を冠した共同体を造る習性がある。(ⅰ)ideaまたはtype型/形象(ⅱ)dignity権威(ⅲ)他の共同体との差異化が目的となる。聖フランシスコ(1182~1226)はイタリア半島中部に裕福な毛織物商人の息子として生まれた。母親は貴族の血筋とされるが、定かではない。少年期、青年期の記録は少なく、フランシスコどのように回心に至ったかは不明である。彼は父親の商品を売り払い教会修繕の費用に充てた。父親はこれに怒り、結果として、フランシスコと父親はアシジ司教の前で対決する。フランシスコは衣服を脱いで裸になり父親との縁を切る。その後、教団の結成、魚への布教、小鳥への説教、イスラム教圏への布教など精力的に活動する。

f:id:cunsong9403:20180910185016j:plain