マタイによる福音書 (12:40)すなわち、ヨナが三日三晩、大魚が腹の中にいたように人の子も三日三晩、地の中にいるであろう。

マタイによる福音書

1240)すなわち、ヨナが三日三晩、大魚が腹の中にいたように人の子も三日三晩、地の中にいるであろう。

164)邪悪で不義な時代は、しるしを求める。しかし、ヨナのしるしのほかにはなんのしるしも与えられないであろう。そしてイエスは彼らを後に残して立ち去られた。

 

一月一日は元日である。一月一日を祝う文化は多い。中国の春節の賑わいは有名である。キリスト教系の諸宗教では、十二25日にキリストの生誕を祝う慣わしである。おそらく、イエス・キリストの誕生した日は1225日ではない。未開人が、このキリスト教1225日の祭日から導く推論は、「イエス・キリストは癲癇だ」「あらゆる宗教は妄想である」と奇怪である。今後、イエス・キリストが、約二千年前のガリラヤに誕生する日は二度と来ない。今が二千年前とは、文章が破綻している。今は、二千年前ではない。既に誕生したわたしとあなたは、復活はともかく、今後、誕生する日は来ない。

 

キリスト教は土着の信仰を利用する。歴史あるどの宗教にも当て嵌まる。イスラム教は農耕儀礼を捨てない。12世紀までは、各地の部族、領邦君主が念頭に在り、「ドイツ帝国」の理念は表れなかった。もっとも、ローマ教会の支配圏の端れに位置する、といった意識は持ち得ただろう。ドイツ地域におけるローマ教会、プロテスタント、帝国ー皇帝、領邦君主の争いは省く。諸々の利害対立で入り乱れて争った。現代において各領邦の独立性はドイツ連邦の政治体制に反映されている。13世紀にはモンゴルの欧州侵攻が始まる。

 

暴行、強姦、盗みー隠匿への忌避は、野蛮人の方が強いだろう。中世カトリックの諸王、中世イスラム教君主は、未開人だった。聖職者は、生来、人々と同じ肉欲を持つとするべきだろう。躊躇いの程度は様々である。また、聖職者が業務を果たすには、土地の支配者の協力が必要となる。土地の支配者の血縁が適正を問わず、聖職者となるのは避け難い。

 

人々は属する社会と生活の中で祝う。小麦、大麦など主要作物の植え付けや収穫の時期、家畜の肥える時期、ニシンの獲れる時期は決まっている。異教の風習は除かねばならない。人々は祭りで騒ぐ。人々は祭りで騒ぐと、辛い労働の憂さ晴らしになる、とする。娯楽は少なく労働は激しい。聖職者たちは騒ぐ人々に、「騒いではならない」、と主張することは控える。聖職者もまた相応に楽しむだろう。諸々を鑑み譲歩して代案を示す。人々は分かり易い「materials物」が好きである。日本に住む教師は、棗椰子より蜜柑を例にして子供に計算を教える。unit単位から教える者はいない。人間の指は本だが、中々、人間は指でまでしか数えようとしなかった。

 

ヒジュラ暦イスラム暦)が唱えられたのは、ユリウス暦622年である。1923年には正教会では修正ユリウス暦を用いるようになった。フランス革命後、革命政府は共和暦(フランス革命暦)を用いようとした。1582年、ローマ教会は、ユリウス暦を廃しグレゴリオ暦を用いるようになった。暦法を変える際、人々は決まって抵抗した。1800年代の時計は一日に数分ずれる物も多く、使用者に頻繁に修正を求めた。消費者は原子時計を利用し始めた。

  

 

マタイによる福音書

1821)そのときペテロがイエスのもとにきて言った、「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯した場合、幾たびゆるさねばなりませんか。七たびまでですか」。

1822)わたしは七たびまでとは言わない。七たびを七十倍するまでにしなさい。

 

 共同体の集会[市民集会]のあらゆる政治的機能、つまりたしかに際立って政治的な性格の訴訟だった刑事訴訟手続きにおける上訴(プロウォカティオ)の決定も、同じく政務官の任命や法の採択や棄却も、軍事義務があり集団的に召集された者の手に移譲されるか新たに獲得されたのであって、その結果ケントゥリアが、今や市民共通の義務も受け入れることになったのである。このようにして、セルウィウスの国政によってもたらされた小さな始まりが、とくに攻撃的な宣戦布告にあたり軍隊に委託された承諾の権利のように、次のような発展を見せることになった。それは、クリア集会がケントゥリア集会によって完全にまた永久に光を失い、だれもが、主権者たる民衆の姿をケントゥリア集会において認めるのに慣れてしまったことである。この集会では討論は、主宰者たる役職者が任意に自ら発言するか、あるいは別の人に発言させるかしたときに行われるだけであった。もっとも上訴の際にはもちろん当事者双方の言を聞かれねばならなかったが。そしてケントゥリア集会の単純過半数が、事を決したのである。
 クリア集会では、一般に投票権のある人は完全に同等の権利を持っていたために、また全平民をクリア集会に受け入れた後は、完成された民主制に達するだろうと思われたので、政治的な採決がクリア集会から奪われたままであったこともよく理解できよう。しかしケントゥリア集会では、たしかに主たる影響力は貴族の掌中にになかったが、それでも財産家の手の中にはあった。先に投票する特権という重要な権利――事実上これがしばしば事を決した――は、騎士すなわち富裕者の掌中におかれたのである。『モムゼン ローマの歴史Ⅰ』テオドール・モムゼン 長谷川博隆訳 名古屋大学出版局 2005年 237頁

 

 

未開人は復讐を好む。彼らには復讐すべき者が復讐することが、自分たちと同等の存在であることを示すように、むしろ、復讐する者であることを、自分と同等であることの証拠と見る/である証拠の様に映る。血の復讐、イタリアのヴェンデッタは未開である。パウロは報復は神に任せればよいと述べた。実際、傲慢と見栄は否定するべきだが、難しいのは確かである。イギリス人は眠るとき、服を脱ぐという。信仰は、?dress/?fashion装いではない。ルターは信仰が衣装であるとは、認めないだろう。きっと、彼の苦難に満ちたイエス・キリストが、綺麗な衣服を身に纏うことは求めていた。

 

科学は批判的思考にdepend on依存して(/rely on依拠して)成り立つ、とされている、だれかから。だれかが科学とはそのようにして成り立っている、としている。だれかが、批判的思考をしている。(ⅰ)全ての科学者が批判的思考を担う(ⅱ)一部の科学者が全ての科学者への批判的思考を担う(ⅲ)科学者ではない者が批判的思考を担う。批判的思考の意味は、問わないという慣習がある。わたしは「critical thinking批判的思考」を解釈しない。起きていない内戦の調停は不可能である。仮病である。ところで、人々は病気という期待なく、医者から「病気」と宣告されることを嫌う。

 

「進化論は妄想である」は「進化論は平和だ」「進化論は人類社会をharmonize調和する」「進化論は調和を人類社会に与える」「調和は進化論により人類社会に与えられる」と同様に卑怯である。むしろ姑息である。進化論が仮説であり、それにinterpretations解釈があるのは確かである。「ダーウィンの進化論を前提にして話す」、と議論の主宰者が述べたのに、「ダーウィンの進化論には疑いがある」と反論するのは行儀がよくない。議論の主宰者は前提の否定を排除できる。「ダーウィンの進化論を前提にして話す」と、議論の主宰者は述べたからである。前提のない議論は空虚である。

f:id:cunsong9403:20180719143258j:plain