紹介(11) 『燃えつきた地図』 安部公房 

「コーヒーをかけてしまったの。あれは、おとといだったかしら? そうね、弟の告別式があった日……そうよ、あなたが寄っていらっしゃった、あのすぐ後ね……コーヒーの染みは、なかなか落ちないのよ……それで、クリーニングに出しちゃったの……誰かと話していたら、その人が、どうしてもコーヒーを飲みたいと言ってきかないでしょう……コーヒーを入れたまでは、よかったんだけど、搬(はこ)んでいったら、いきなり後ろからくすぐるんだもの……」
 とつぜん、吐き気が込み上げてくる。激しい痛みが、眼球の裏から、放射状にひろがって、頭蓋骨の裏で反射し、項(うなじ)のへんに焦点を合わせて、喉の奥をしめあげるのだ。
「またご主人の夢ですか、そのお相手は?」
「そうね、くすぐったところをみると、そうかもしれないわね。」
「前のレモン色のカーテンの方が、好きだったな。」
「二、三日もすれば、返ってくるわ。」
「あと五十八時間ですよ。まる二日と十時間……調査以来の契約が切れるまでに……一週間といっても、日曜日を抜いて、週六日の計算ですからね。」
「私、勤めに出るわ。平気よ、そんなこと……」
 吐き気がますますひどくなる。胃が、ひんやりと、ごみや埃をねり込んだ、粘土のように重くなる。 『燃えつきた地図』 安部公房 新潮文庫 昭和55年 287頁

 

 レクス・レギアの解釈に二つの可能性があること、すなわち、これを人民主権の基礎として解釈することも、また国王の絶対主義の基礎として解釈することも可能であることはよく知られており、ここでこの論点を考察する必要はないだろう。ユスティニアヌス法典の『法学提要』やこれ以外の箇所でレクス・レギアは次のような主張、すなわち法が制定される仕方には他にも多数存在するが、「また、君主が好むことも法として効力を有する」という主張を強化するために引用されている。
ところがユスティニアヌス法典には、レクス・レギアが一般的に皇帝への完全で永久的な〈移譲〉〈translatio〉を意味するのか、それとも個人として特定の皇帝への限定され取消し可能な〈認可〉(consessio)を意味するのかが明確に述べられておらず、このかぎりで矛盾と両義性がここに見られるのである。 『王の二つの身体 中世政治神学研究』エルンスト・H・カントローヴィチ 小林公訳 平凡社 1992年 126頁

 

なるほど心うごかされもしよう、お前たちのような男ならな。みずから人に哀願し、その心を動かそうとする男なら、また人の哀願によって心を動かされもしよう。が、おれは北極星のように動かない。その確乎不動なること、満天の群生中、他に比類なきあの星のようにな。大空は無数の閃光にちりばめられている。そのどれもこれも火の塊だ。一つ一つが明るく輝いている。そのなかにあって、おのれの場を守って動かぬものはただ一つしかない。この地上においても同じことであろう。そこでは、人間の数にことかかぬ。誰しも血肉をそなえ、理性をもっている。しかも、その数多きもののうち、おれはただ一人しか知らない。何人の手を触れ得ず、その高き地位を守って動じぬ存在は。おれがそれだ。『ジュリアス・シーザー』 ウィリアム・シェイクスピア 福田恒存訳 新潮文庫 昭和43年 64頁

 

王政ローマ、共和制ローマ帝政ローマの異同については省く。区分は役に立たず、一般化は不能である。一ヶ所に集まり住むことと、(希)synoikismosを結びつけるべきではない。指針としては、本来的に散った元が集まり(収束し)、集団として内外に緊張(関係)を維持しているギリシア世界と、外圧から形づくられ、内部を維持したまま分離、組換、積み重なっていくローマとなる。

  

ソクラテスクサンティッペと結婚した。ソクラテスクサンティッペの恋愛婚は想像し難い。また、ソクラテスに対する死刑の判断の材料に、クサンテイッペの存在が大きく影響した、とは考え難い。伝承は集団の自己理解を濃縮し、対外的に、ないし、集団に対峙する特定の成員との折衝の都度に示され、領域に分泌されている。古代ギリシア人は複数のポリスを形成していた。ヘレネスとして、多数のポリスに分かれていた。演説は大きな影響力を持ち、弁論術、修辞法は肯定的に受け止められた。神話と天体の運行は古代ギリシア神話、社会で重要だった。おおよそ、ヘレネス男性に比して、奴隷と女性には理性が欠けている、とされた。

 

oxymoron撞着語法(ーcircularlogic循環論法(ーself-contradiction自家撞着))言い換えれば、輪廻転生は大いに振るう。ピタゴラス教団、僭主の言動として記録される通り、神々の生まれ変わり、むしろ、分身を名乗る、「神々の生まれ変わり」と讃辞を受ける古代ギリシア人は少なくない。転生とは、つまり、ソクラテスによる証言「わたしはソクラテスである」の転換、「ソクラテスソクラテスである」対して、ソクラテス(による証言)「ソクラテスソクラテスではない」は、「ソクラテスソクラテスとは限らない」「ソクラテスソクラテス以上である」「ソクラテスはよりソクラテスである(→ソクラテスはよりソクラティックである)( * 'reincarnation')」の意味づけである。

 

行動に移す前に、logos言葉を用いた高度な話合いがなされた、とは推察できる。議論の素材の道具立て、導入は遅々としていたはずである。審理審議は、前提から一括している。劇的な変化は中々起きず、争いのないところで理念が行き渡る( * ディオニュソス祭)。

 

抵当権は、避けている殴り合い、避けられた殴り合い、逃亡を見据えた考えである。抵当はあまねく受け入れられる( * 「準」)。ある集団に暴力の独占が為されていれば、抵当(権)は十全に効果を持ちうる。譲り合えない物が生じたとき、偶発性の擬制コイントスで決めたい、という考えは共通に妥当な考えである。

 

ホメーロスは『オデュッセイア』において、怪物キュクロプスは妻子を持っている、と描いた。怪物キュクロプス、ポリュペーモス(「名の知れた」)は不死身ではなく、言葉を用い、羊を飼い、succecssion継承は不明だが、「generation世代(らしき現象)」、というか、「世襲」「代襲」には従う( * 「襲名」)。地中海世界で、怪物キュクロープスについては、多様な解釈があった( * エトルリア)。

 

ヘレネスのポリスに依存する成員にとって、内外の関係は根本的である。奴隷と主人の間に、緊張がある。困った事だが、奴隷はギリシア語を理解し、奴隷仲間と会話する。牛馬の主人のように振る舞い、奴隷同士で結託する。牛馬には生じないリスクである。奴隷による主人の不正の暴露さえ発生する。家畜が喋ったためには、半ば予兆である。

 

eleutheriaは、緊張を離れては機能していない。富の蓄積、名声を含め、緊張が働いている。古代ギリシアに、多種多様な'polis'、'nomos'、'eleutheria'の解釈があり、現象:奴隷には、対立と利害関心から幅があった( * (希)nemein)。系譜は成員に「平らか」を見せる。社会の階層を正当化する。転生は割込み、始めへの割り込みとなる。行儀は悪い。行儀が悪いくても、より大きな社会からは既に除外されている、魅力を感じてくれる集団とだけ、関わればいい。敵には他に敵がいる。

 

複数のポリスに分かれている。ヘレネスヘレネスである。ギリシア的なものに従っていれば、ヘレネスだったかは不明である( ? 欧米列強、西側諸国と東側諸国)。ローマの上流階級はギリシア文化の導入に積極的だったように見える。ギリシア人が、ギリシア人を奴隷にするのは好ましい事ではない。好ましくないからといって、禁止できない( * 現象:菜食)。

 

イマニュエル・カント、フリードリヒ・ヘーゲルらの哲学には、トラキア出身のアリストテレスの著作の強い影響がある。ローマ・カトリックの神学は、アリストテレスの影響を受けたことは疑えない。Natural history博物学、また、理性と所有権の絶対を標榜する啓蒙主義は隆盛にある。総称としての『科学』は加速しつつ、発展している。国際的な「特許」「著作権」の思考が一般化したのは19世紀末である。著作者にとっては、記憶の外部化、記録媒体に依拠依存する部分が増えていく。活版印刷は普及して久しい。

f:id:cunsong9403:20181025165903j:plain