紹介(15) 『黄金伝説』 ヤコブス・デ・ウォラギネ 

司教は、答えた。「とんだ失礼をいたしました。あの少年のたましいは、死んでしまいました。いまは盗賊や人殺しといっしょにむこうの山中に住み、一味の首領になっております」ヨハネは、これを聞くと、衣服を引き裂き、われとわが顔を打って、「あなたは、もはやあなたの兄弟のたましいのよき番人ではありません」と叫んだ。そして、すぐさま馬を用意させ、すこしも怖れることなく山に向けて馬を走らせた。少年はヨハネの姿を見ると、恥ずかしくてたまらず、馬にとびのって逃げた。ヨハネは自分の年も忘れて馬に拍車をかけ、うしろから呼びかけた。「いとしい息子よ、年老い、武器ももたぬ父からどうして逃げるのだ。怖れることはない。息子よ、わたしはお前のために神に弁明してやろう。そしてキリストがわたしたちのために死なれたように、よろこんでお前のために死んでやろう。逃げるでない。いとしい息子よ。引き返すのだ。天主がわたしをお前のところへつかわされたのだから」 『黄金伝説1』 ヤコブス・デ・ウォラギネ 前田敬作、今村孝訳 平凡社 2006年 156頁

 

 ヨハネによる福音書
(24:17)イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたは全てをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい
(24:18)よくよくあなたに言っておく。あなたが若かった時には、自分で帯をしめて、思いのままに歩きまわっていた。しかし、年をとってからは、自分の手をのばすことになろう。そして、ほかの人が、あなたに帯を結びつけ、行きたくないところへ連れて行くであろう

 

列王記
(3:25 )王は言った。「生きている子どもを二つに断ち切り、半分をこちらに、半分をそちらに与えなさい。」
(3:26 )すると、生きている子の母親は、自分の子を哀れに思って胸が熱くなり、王に申し立てて言った。「わが君。どうか、その生きている子をあの女にあげてください。決してその子を殺さないでください。」しかし、もうひとりの女は、「それを私のものにも、あなたのものにもしないで、断ち切ってください。」と言った。
(3:27 )そこで王は宣告を下して言った。「生きている子どもを初めの女に与えなさい。決してその子を殺してはならない。彼女がその子の母親なのだ。」
(3:28) イスラエル人はみな、王が下したさばきを聞いて、王を恐れた。神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。

 

ユダ氏族の象徴が獅子である。西方教会の象徴では、マタイは人、マルコは獅子、ルカは雄牛、ヨハネは鷲となっている。象徴は、マタイが人、マルコが雄牛、ルカが鷲、ヨハネが獅子である。ジョンはジョンである( * 女教皇ヨハンナ、プレスタ―ジョン)。

 

国旗の獅子の名前はジョンだろう。無論、「獅子」は、必ずしも「ネコ科の生物」ではない。「王のheart心像はネコ科生物のものである」では、どうにもならない。動物園、写真はない。存在は確かなようだが、どこかmysteriousで、legendaryである( * 「象」)( * 「虚」、虎の斑)。

 

イングランドでは、重ねて雄牛がジョンと命名された。迷宮たるブリテン島を徘徊するミノタウロスの群れ、ジョン・ブルである。敵に対する、対している敵への同義反復がジョンである( * (羅)hostile、(希)enemy)。

  

初期教会はカタコンベで祈った。教理の(distinction区別ー)transform変化(ー(separation分離ー)extension拡張)を批判し、墓に潜ろうと試みないのは不思議である。カタコンベを出て、広場、神殿を占拠するなりして布教活動するなら、場に応じた振舞いが要請される。

 

意に従い、操作の可能な何かが、自らである。自らの意に従わせ、操作の可能な何かが、彼である。服を着る、入れ歯をする、自転車に乗る、彼は、まさに、延長している。行為に係り、彼は着る服と自らを区別しない。気分の問題である。人間は予期しない危険に遭遇し、あるいは自らへの付加(物)が十全に機能しない場合に、自らから自ら以外を分離する。「腕が切れた(あれはわたしではない)」。立木に触れ、水平線に感動し、「世界は一つ」というような妄念は消える。

 

身体の一部が脱落した場合、何らかの「魔術(的効果)」を生じる余地が生れる。爪、髪、排泄物、経血、精液には、神秘が認められた。彼は、脱落したものが自らの意に従ったという記憶を持っている。脱落じたものは、「自ら(と言いうる物体)」、ないし、自我と接続している肉体の一部だった。人は、しばしば、鼠径部、胃袋、を自らの意に従わないものとして対象化する。

  

ロペスピエールは最高理性の祭典を催しギロティーヌへ送られる。無神論者、共産主義者という言葉が嫌悪感をかき立てた時代である。現代と大差はない。差はあった。差だったものは経済の拡張、経済による社会領域の統合で融解していく。

 

アメリカにおいて軍事は大統領権の拡張を要請した。内に外に表れている問題はcriticalである。臨界して融けている。拡張はまさに有無を言わせないところで起きている。場当たりに対応したと言える。儀礼と神秘の余地のない手続きが生まれる。先例が有るか否かのみでpole極となり、先の手続きを飛び越えて進む。

 

構成した後に形づくられていく、形成されていくものはmetamorphicである。事態への手続きが権利として遯次、包摂されていく。猶予はない。人々はとても忙しい。猶予とは時計の針である。遯次、包摂されてはたまらない。包摂しないための手続きを暫時生むだろう。間隙には実質的に包摂する事を認められた役割、機関、手続きの正規性が発生する。

 

三権は分立する。大統領は国民が選ぶ。国民は大統領を選ぶ。議会は罷免権を持つ。教会組織が定め、教会組織が造り、近世絶対主義国家が模倣した帰属(関係)の明瞭さは消えた。市場は全てを呑んで行く。「経済は社会制度を規定する」「恥知らずな考えだ」は、位置関係が垂直な上にparallelに生じる。既にある社会の全体性は失われつつあった。

 

古典ローマは実に魅力的だった、対外的に支配階級に向けて。ローマはローマの外の人間を魅了した。結果として孤立し、同時に、自ら孤立を選んだ大英帝国とは異なる。「国のために働く兵隊」「顧客のための商人」「わたしのためのわたし」要するに媒介(物)である。

 

利他的行為は計画を要する実践であり、予測しなければならない。プレゼントは、内緒で用意する。実践はbe regulated規正される。集団に属している、と思うと、人は気が大きくなる。とりあえず、日本では「気」は「大きさ」があることに争いがない。集団への所属は示威に通じる。おおよそ、他者は、排他的な集団を徒党と見做す。上界は下界に覆いをかける。媒介に条約、雇用と冠すれば、関係は対等に引き上げられる、ないし、関係は対等に引き下げられる( * noblesse oblige)。

 

イングランドと言えば、烏ついばむ縊死死体である。日本の割腹と打ち首のような、伝統あるお家芸である。言語を崩さねばならなかった。グレゴリウスは、釣り針に掛けられ陰府に降り、黄泉から父祖を開放する「勝利者イエス・キリストを想像した。翻訳で言葉の意義が転換する。

 

関連

『森と文明』ジョン・パーリン 安田喜憲、鶴見精二 晶文社 1994年

『読むことの歴史―ヨーロッパ読書誌』ロジャ・シャルティエ、グリエルモカヴァッロ編集 大修館書店 2000年

f:id:cunsong9403:20181102184534j:plain