マタイによる福音書 (28:2)すると、大きな地震が起った。それは主の使いが天から下って、そこにきて石をわきへころがし、その上にすわったからである。

マタイによる福音書
(28:2)すると、大きな地震が起った。それは主の使いが天から下って、そこにきて石をわきへころがし、その上にすわったからである。
(28:3)その姿はいなずまのように輝き、その衣は雪のように真白であった。

 

 象徴主義は、因果論の立場からこれをみるならば、いわば思考の短絡現象をみせている。事物間の関連をさぐるに、相互間に隠されている因果関係の回り道をたどらず、とつぜん飛躍して、その関連をみいだすのだ。しかも、それは、原因と結果の関連ではない。意味と目的の関連である。
……
 しかし、このようなシンボル思考は、中世にあって実念論(realism)と呼ばれ、現在、これはあまり適切とはいえないのだが、プラトン風観念論(idealism)と呼ばれることもある。存在一般についての特定の考え方に、分かちがたく結びついていたのであって、そのことが考慮されるならば、象徴主義はその恣意と未熟のよそおいをぬぎすてた姿をわたしたちにみせるであろう。
……
 ウィリアム・ジェームズの説くごとく、わたしたちにしても、なお、このようなもののみかたは可能である、未開人、子供、神秘家の知恵にたちかえることができさえすれば、いつでも。かれらの考えでは、事物本来の状態は、その一般的性質のうちに、いわばとけこんでいる。してみれば、一般的性質が、すなわち事物の本性であり、存在の核心である。だから、美しさ、やさしさ、白さ、これらは、それぞれ実在であり、したがって単一体である。すなわち、美しいもののすべて、白いもののすべては、それぞれ、当然、その本性上、関連し合っているのであり、同一の存在理由をもち、神の前に同一の意味を有しているのである。意味とは、すなわちしるし(sign)のことにほかならない。
 およそこういったわけで、象徴主義は、実念論と強いきずなに結ばれていたのであった 『世界の名著67 ホイジンガ』 「中世の秋」 堀米庸三訳 中央公論社 1979年 376頁

 

「天使は針の先に止まるか?」 

天使は針の先に止まり、止まり続ける。しかし、天使は止まらない。針が止まっているならば、天使は針の先に止まり得る。針が止まっていないならば、天使は針の先に止まらない。神は天使を止め、止まった天使を見ている者は人間である。神は、天使に止まる状態を限定的に継承し、それを一時的に、人間(時間)の視覚に表している、ともできる。人には天使は止まって見え(てい)る。

 

よく整備された度量衡は、'good'、「良」、'bona'であり、とりあえず、'nature'ではない( * (希)phusis(羅)natura)。唯名論実念論の争いは、「争い」が変形・分岐しない( * (羅)esse habere(羅)habitus)。神学者は天上の生活を、信徒の生活に反映、一致させたいと望む。「争い」の解決は、トマス・アクィナスの調定になる。

 

 '(prime) ’’(double prime) 、「」(鉤括弧)、『』(二重鉤括弧)がある。「三角形」は存在し、呼び出しえた( * 連続記法)。「辺が4つの三角形」「重すぎて何者にも持ち上げられない石」は、存在論的な謬論である。(羅)omnipotensを模糊とさせている。

 

古代ギリシア人は数量を「二」から数える習慣だった、とされる。確かに、「イチ」と声に出して数え上げれば、目前のものの「ある」「なし」を、疑っているようにも見える。ローマでは、ローマ数字が用いられた( * (羅)fingereいつわる)。象徴的なアラビア数字のショートカットがない。integerをローマ数字で書き表すと、屈折しない( * 「鄙」)。標としては役を果たす( * (羅)calculus)。つまり、ローマ数字を用いることで、integerを手で触れられるところに下ろす( * 「擂」)。

  

プラトンの'idea'は、'concept'「概念」を包含している。包含していて、'concept'へと分岐しない( * ソクラテスと記述言語、文体としての対話)。神秘を経由して、「肉体に宿り(イデア界と直下関係にある)霊魂の完全な三角形の記憶」を要求する。property性質とattribute属性が、種族:ギリシア人の器の中で融け合う( * 外送理論)。とりあえず、プラトンには、水平線、鉢に注いだ水の表面、石膏、パピルスとの異質が感じられる( * 'tabula rasa'(羅)tabula筆記版)。マケドニアアリストテレスは、「自然の探求、検証に関わりないところで、「イデア界」を案出しても仕方ない」と考えた。

 

マタイによる福音書
(8:9)わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下にも兵卒がいまして、ひとりのもの『行け』と言えば行き、ほかのものに「こい」と言えばきますし、また、しもべにこれをせよと言えばしてくれるのです。

 

カインは犯行を隠した。カインは主に対して、隠す必要を覚えた。ここでは、「主に対して隠す」は、とりあげられない( * 『モルグ街の殺人』エドガー・アラン・ポー)。アダムとエバはいない。アベルの「羊」はいるかもしれない。しかし、この文脈では「羊」は「人」ではない。アベルを殺したカインはいる。

 

f:id:cunsong9403:20190203170857j:plain
https://digitalcollections.nypl.org/
IMAGE ID 1135085